弊社の推移

2013
Cappasityはサンタクララ
にて起業されました。
2014以来、
エンジェル投資家から180万ドルを
集めました。
2017年1月
プラットフォームおよび3Dデジタイジングソフトウェアが発売されました。
2017年10月25日
フェーズ1のトークンの販売を予定。
月22日2018年
フェーズ2のトークンの販売を予定。
次の段階は何だろうか。
分散化AR/VR/3Dエコシステムのナンバーワン。

弊社ビジョン

AR/VR体験の大々的な拡張

弊社はAR/VR革命はコンテンツクリエータが推進するものと思っています。これが弊社が3Dコンテンツを製作してレンタルや販売を行う初めてのプラットフォームを導入して、ブロックチェーンインフラストラクチャにてこ入れ投資していく理由です。このアプローチにより現状ではあてにならない著作権保管や著作権交換を分散型のAR/VRエコシステム内で確実なものにしてまいります。

ARTokenの全てを知ろう。

概要を見るにはプルダウンします。

スマートコントラクト

Cappasity
AR/VRエコシステム
計画

CappasityエコシステムはAR/VRおよび3Dコンテンツの売買を希望する参加者を囲い込みます。エコシステムは支える要素としてのマーケットプレイス、ブロックチェーンおよび保管インフラストラクチャから構成されます。分散型保管インフラストラクチャについては独立した保管サービスプロバイダーが用意します。サンドボックスエリアが実際にAR/VR/3Dコンテンツの試験環境として使用されます。AR/VR開発者および活動的なコミュニティ寄付者は専用のAR基金を通じて支援を受けることになります。

Cappasity エコシステムで使用されるブロックチェーンとはどんなものですか。

分散されて当てにならない著作権保管

コンテンツとその交換明細すべてがブロックチェーン内に不変に保管されてますが、このブロックチェーンはBittorrentのようなシステムにそっくりです。

各コンテンツファイルにはIDもしくはハッシュが割当てられていずれの著作権侵害も防止します。各コンテンツファイルにはIDもしくはハッシュが割当てられていずれの著作権侵害も防止します。 コンテンツ取引が行われると、直ちにその明細すべてがスマートコントラクトプロトコルに従って処理されて過去への逆戻りは不可能にされます。例えば、そのシステムは悪人がそれを自分の持ち物と主張することで誰か他人のファイルを売るとか、もしくはレンタル期間が既に終了した時でもファイルを無料でレンタルすることはさせません。

従って、交換コンテンツの交換時に、買主および売主は著作権が十分に保護されていることが保証されます。

殆ど無料で、瞬時かつ透明でグローバルな金銭取引

先ずは、ブロックチェーンのおかげで、3Dコンテンツがマーケット経由で売却されるとき、売却されており、売主のか価格で売却されると同時に、当エコシステム参加者はほぼ無料に近い手数料しか課金されません。第2に、ブロックチェーン技術はこの世界中どこであっても瞬時かつ透明な金銭取引を可能にします。コンテンツオーナーは各取引毎に極めて迅速かつトラブルなく支払いを受けます。

全体で、ブロックチェーンは3Dコンテンツ製作および大量流通にとり安全かつ便利な環境を生み出すのを促進しています。高品質かつ手にし易いコンテンツはAR/VR技術の開発の裏の原動力であり、私達はブロックチェーンベースのAR/VRエコシステムはAR/VR業界をその開発の新たなレベルにまで引き上げることになると思っています。

AR/VRは800億ドルもの額に達するまでの マーケットに大きな影響を与えることになります。

ARはeコマースおよびmコマースうの主要な構成要素になる大きな可能性を持っています。それにも拘わらず、その他のAR/VR混乱に備えた多数の分野があります。ゴールドマンサックスはAR/VRソフトウェアマーケットが2025年までには顧客が推し進めるソフトウェア収入の60%を占め350億ドルに達すると期待されています。

Note: nfographic全体を見るには右スクロールします。

健康管理
51億ドル
340万 ユーザ
小売
16億ドル
3千2百万 ユーザ
教育
7億ドル
15百万 ユーザ
ビデオゲーム
116億ドル
2億1千6百万 ユーザ
ライブイベント
41億ドル
95百万 ユーザ
娯楽
32億ドル
7千9百万 ユーザ
エンジニアリング
47億ドル
70万 ユーザ
不動産
26億ドル
30万 ユーザ
軍事
14億ドル
70万 ユーザ

私はARをスマートフォン同様の重要なアイデアと考えます。スマートフォンは皆もので、弊社はiPhone が一定の人口のあるいは国単位または垂直マーケットにつながっていると考える必要はありません。それは皆ものです。私はARがそれほど大きくかつ膨大と考えます。私はそれが沢山の生活を改善する可能性があるという実現可能性のある道具のためわくわくした気持ちです。おまけに面白いときています。

ティムクック

アップルCEO インデペンデント紙に向けて

今一緒に働くコンテンツクリエータが大勢いることが重要であるのは、テクノロジー企業は産業界と消費者が当テクノロジーを手にしてそれに備えた準備が整っている段階まできたためです。しかし、私は今次の改善の波を動かすのは創造的コンテンツであると思います。

ネイル・グラハム

CITI向けSky VR Studios チーフプロデューサー

世の中を体験するより豊かでより没入型の媒体が常にあった上で、ビデオ出現以降の、次のロジカルステップは完全に没入的なバーチャルレイアリティです。

Mark Zuckerberg

Oculus Connect2イベントにてFacebook CEO

コンテンツがまさに多数の成功したテクノロジ―製品を世に送り出す燃料だったように、弊社に呼応する人たちはAR/VR産業が前進するカギが高品質と忍耐力の要るコンテンツにあるのは明らかであると信じてます。

Kirk Soderquist

Perkins Coie対話型娯楽実践( Interactive Entertainment practice)共同議長

ロードマップ

2013年
Cappasity社の
起業は
2014年
イージー3D
コンテンツ製作のR&D
2016年
F3Dビューを製作するフリー3DデジタイジングソフトウェアEasy 3D Scan®10倍速3Dコンテンツ製作production
2017年
  • Cappasityプラットフォーム開設任意タイプデバイスに基づく4倍速閲覧、プロプライエタリー3Dフォーマット、
  • 簡易埋め込みマニアルまたはAPI
  • Cappasityプラットフォームは12月にはそのサービスと引き換えにARTokenの受け入れを始めます。
2018年第1四半期
  • フリーモバイル3D
    SDK撮影
  • 3Dビュー、3Dホログラム
    モバイル撮影
  • 3Dホログラム
    Unity/UE統合
2018年第2四半期
  • スマートコントラクト
    権限が付与された3D/AR/VR
  • 3Dホログラムアップル
    ARKit統合
  • Cappasity AI API:
    ユーザ行動の規範分析、
    CMS統合
2018年第3四半期期
  • フリー3Dアバタースキャナー
  • 3D印刷用AR/VR
  • デバイス向けリメッシングソリューション
2018年第4四半期
  • 分散型AR/VR/3Dコンテンツ保管
  • 不動産空間のフリー3D撮影
  • 3D計測ソリューション
  • 3Dコンテンツ検索エンジン
2019年第1四半期
  • 分散型AR/VR/3Dアプリマーケットプレイス
  • ドローン向け3D撮影
  • 高速モバイル写真測量法
  • 分散型GPU写真測量法ソリューション

ARToken売上明細

ARToken: ユーティリティトークン(ハウイテスト点数=20)
ハードキャップ総額:5千万ドル。
AR/USD基本トークン価格:1ドルあたり125AR
フェーズ2AR/米ドルの基本的なトークン価格:1月23日に発表されます。これはトークン市場価格に基づいており、フェーズ1価格よりも高いと予想されます。
クラウドセールに利用可能なAR:総額70億AR
ARの現在合計額:クラウドセール終了後に判明(売れ残りトークンは焦げ付き処分される予定。)
リスト: ARトークンはトークン販売の第一段階の終了直後に暗号交換に掲載する予定です
Rトークンは、Cappasityのサービスを承認しています: 2017年12月(第一段階トークンの販売終了直後)
鋳造/採鉱:番号
第1期開始日時:2017年10月25日UTC1PM
第1期終了日:28日以後開始
フェーズ2開始日時:午後の1時UTC月22日2018
フェーズ2終了日:28日以後開始時のキャップに達した
弊社が受け入れる通貨:BTC ETH
最低購入取引:$30 未満の寄付は受け付けしません。それらの寄付は購入取引として処理されずに無視されることになります。
ボーナスモデル: 賞与引当金の層の貢献が、金額が大きな役割を果たした。
フェーズ1のボーナスモデル
- 最初の1千万ドル (1等級) - 10%ボーナス
- 次の1千満ドり(2等級) – 5%ボーナス
寄与規模ボーナス: 10万ドル~30万ドル - 5%, $30万ドル超 - 10% これらのボーナスは互いに別々に足し合わせることができます。
フェーズ2のボーナスモデル:
- 最初の1千万ドル(1等級):10%ボーナス
- 2回目の1千万ドル(2等級):0%ボーナス

トークン割当および収益配分

活動的コンテンツクリエータやAR/VR/3Dソフトウェア開発者の支援目的で、弊社は報奨基金およびAR/VRイノベーション基金を創設します。トークン販売の完了と同時に、弊社は調達基金の10%をコンテンツクリエータ報奨に、AR/VRイノベーション支援には20%を配分します。

購入者
70%
18%
創設者の
寄付金
12%
早期
寄付
20%
AR/VR
イノベーション
基金
10%
報奨
基金
43%
ソフトウェア開発
27%
セールスおよび
マーケティング

AR/VRイノベーション基金は最も見込みのあるアプリの開発者を報奨します。しかしながら、これはコンテストではなく1年中の課題です。報奨の数は利用できる基金に応じて変化します。

報奨基金は活動的なコンテンツクリエータのために引当てられます。最も活動的なコンテンツクリエータおよび寄付者はしっかり報奨を受けられる予定です。モデレータや活動的コミュニティ会員もまたこのパイチャートに示される通り奨励を受けられます。

Cappasity とそのチームについて

Cappasityは3DおよびAR/VRコンテンツの製作、埋め込みおよび解析用の技術標準および簡単で規模の変えられるプラットフォームの開発を目的に2013年に起業されました。

Cappasityは2014年以後インテルと一緒に業務を行い、Intel® RealSense™ 3D cameras向けに3Dスキャ二ングソフトウェアの開発を行ってきました。Easy 3D Scan™とはIntel RealSense Showcaseを看板機能としたものです。Intel RealSense Showcaseは2014年以降エンゼル投資家から180万ドルの調達に首尾よく成功すると同時に、そのプラットフォームおよび3Dデジタイジングソフトウェアを2017年1月に発売を開始しました。

現在、毎月、そのプラットフォームは3Dコンテンツの70万ビュー以上に利用されています。また、当社は包括的なソリューションを提供して、バーチャル(VR)および拡張リアリティ(AR)向けコンテンツの製作を行っています。プラットフォーム機能は UnityやUnreal EngineおよびApple ARKitを使用する他の開発者に対してオープンであるように設計されました。

当社の起業者たちは3Dテクノロジーにおいて15年間以上仕事をしてきておりITビジネス開発の経験を有しています。チームにはコンピュータビジョン、SaaSソリューション、アプリ向け3Dエンジン開発、3Dモバイルおよびビデオゲームの分野のテクノロジー専門家がいます。

CappasityはPlug and Play Retail (Sunnyvale) Batch 7 acceleratorの認証書を受けて選抜され、パリのLafayette Plug and Play acceleration programの2017年12月バッチに参加しました。

詳しくは:cappasity.com

チーム

+12 more
Kosta Popov
CEO
Kostaは2005年に自分の会社を初めて起業しました。そのとき以来、KostaはPC、Sony PSP、Microsoft Xbox 360、Sony PlayStation 3、Apple iOS、Google Android、Web/SaaS向けに、ソフトウェアやゲームプロジェクトを製作すると同時に、20件を越える製品流通協定や連携契約を締結してきました。Kostaは2016年にトップインテルソフトウェアイノべータたちのの1社に名前を連ねました。
Alex Chegaev
CTO
Cappasity社CTO兼共同創設者のAlexは3Dテクノロジー専門知識に強く、数件のプラットフォーム横断的なソフトウェア案件の技術リーダーとしてKostaに勤務してきました。
Marianna Alshina
CBDO
CappasityのCBDO兼共同創設者のMariannaはデジタルマーケティングおよびビジネス開発の職歴をもっています。彼女はチームに参加したのは2015年で、現在、当社中核パートナーとの関係を構築中です。
Natalie Reyes
CSO
販売担当役員として、ナタリーがCappasityのグローバルな拡張を営業レベルで推進します。彼女は販売チームの育成を担当して顧客の成功とマーケット浸透拡大を確実に図ります。
Alex Garkusha
ブロックチェーン
サイエンティスト
Alexは理論物理学学士号と数学修士号を所持しています。2014年5月にイーサリアム開発スカイプチャットに加わった後、一流のスマートコントラクトライターの一人になりました。彼は、2017年4月に520万ドルを集めたHumaniq ICO(Initial Coin Offering)を始めとして、ロシア中央銀行の研究者として働いています。
+12 more

当社顧問 

David Drake
LDJ Capital社会長
icon
DDavid DrakeはLDJ Capital社、ファミリー事務所:Victoria Partners、LDJ Real Estate Group、Drake Hospitality GroupおよびSoho Loft Media Groupの会長です。LDJ Capitalの拡張されたファンドとヘッジファンドのネットワークは1兆5千億米ドルの資産を管理しています。DavidはEUで以前米国商務部の代表で、英国議会でスピーチしました。David氏の10万もの投資家へのアクセスがそのメディアホールディング投資により維持されています。Soho Loft Media Groupは2002年以降、グローバルな金融会議を1500回以上企画創出し、後押ししてきました。David Drakeは仮想通貨社会にもスピーカーとして積極的に関与していると同時に、彼がアドバイスを与えてCO会社を助け101百万ドルの資金を集めました。
Jonathan Millet
NewsBTCのCEO
icon
ビットコイン投資家であると同時にハードコアクリプトの信奉者です。ジョナサンは2013年10月に設立されたビットコインニュースの一流アウトレットの一社となったNewsBTC.comのCEOで、ビットコインである仮想通貨について好奇心をそそる点に関する教育と情報提供を目指しています。NewsBTC.comは識見の高いニュース記事や業界エキスパートとのインタビュー記事を発表し、ビットコインエコシステムのより良い理解を促進すると同時に、ビットコインで動くとてもすごい起業やプロジェクトを分かち合っています。NewsBTCが取り扱う範囲はTechCrunch、CNN、Forbes、Business Insiderその他のビッグビジネスやテクノロジーアウトレットの中に名を連ねてきました。
Jayanand Sagar
NewsBTCのCTO
icon
Jayanandは7年を越える成功実績を通じて経験を積んだシリアル(起業を連発する)起業家です。クリプト投資家や技術コンサルタントでもあるJayanandはFirst Principles Ventures.の共同設立者です。彼は新製品創造を楽しむと同時に、新興する技術のエキスパートでもあり、ブロックチェーンやクリプト業界は彼の新たな実験の場です。JayanandはNewsBTC.comではCTOであって、ブロックチェーンベースのプロジェクトや特にビットコインに造詣の深い知識を有しています。
Frank Holz
The Board Gawooniの部長/メンバー
icon
フランク・ホルツは有能な経済エンジニアで、ダイムラー・ベンツやメルセデス・ベンツおよびマンネスマン(現在はボーダフォン)といった会社に長年勤続するコンサルタントとして働いています。1996年以降、フランク・ホルツはゲーム産業で働いています。彼はInfogamesやAtariといった良く名の知れた国際的ゲーム出版社のマーケティング部長です。2008年に、ゲーム業界に特化して国際的に営業展開する管理コンサルタント業のIEM Consultingを設立しました。フランク・ホルツは世界中のゲーム開発者、ゲーム出版社、マルチメディア起業家、ブランドのある保険会社、投資家、銀行および政府機関に助言します。彼は極めて強力な戦略的経歴をもち、安定したゲーム業界内部に国際的ネットワークを持っています。フランク・ホルツはそのアジアにおける数多くの政府機関やゲーム開発者向けのコンサルティングプロジェクトにより、韓国、日本、香港、中国、台湾、タイ、シンガポールに膨大なビジネスネットワークを持っています。
Anders Larsson
Network Products、Ericssonの副社長兼実務ボス兼LiveTourLABの共同創立者
icon
アンダースがエリクソン(NASDAQ登録名ERIC)のためやってきた仕事は2G、3G、4G、5GそしてIOTなどの新興技術創出で10ヵ国、20年間にわたります。2017年の現在、モバイルブロードバンドの48億サブスクリプションをはじめ世界人口をしのぐ合計で77億ものモバイルサブスクリプションがあります。アンダースは様々なCTOの役職や副社長の役職、さらには年間10億ドルの販売活動の責任のあるSoutheast Asia & Oceaniaのモバイルブロードバンド実務のボスを務めてきました。彼は自分の特許を持っています。アンダースは11年も昔から、コーディングを楽しんできました。彼は LiveTourLABオープンソース・フレームワークの主要な開発者であると同時に、現在は、VR、クリプトおよびグリーンテクノロジーを電子通信と同様の規模までにするのに情熱を傾けています。
Joakim Holmer
LiveTourLABの共同創立者
icon
ヨアキムがチームメンバー500名の有力プロジェクトの納品を終わらせたとき、その500名のチームメンバー全員にTシャツをプレゼントして、こう言いました。「何でもなせば成る。」と。ヨアキムはそんな人です。当該プロジェクトはカルフォルニア州のAT&Tに対する重要な納品で、その年のエリクソン(NASDAQ登録名ERIC)にとっても、誰もが不可能と云っていた納期に間に合わせた大変な納品でした。ヨアキム・ホルマーは学業を終えてすぐエリクソングループに参画しましたが、彼の通信と旅行に対する情熱がエリクソンの選択を容易になさしめたのでした。モバイル通信ソフトウェアエンジニアとして初期のうちの数年を経た後、15年にわたり世界中の様々な技術上の指導的地位にありました。その後ヨアキムはSoftware System Sales相手にも仕事をやりました。Mobile Appの立ち上げからRedHatやSAPおよびCiscoまでのあらゆるものを含めた開発をむさぼるようにこなしました。彼はアンダースと一緒に、次の大きなベンチャーを始めました。LiveTourLABが次に彼を連れて行く場所はどこなのでしょうね。
Yu Cao
スタートアップエクスプローラとLVMHのアナリスト
icon
YuはLVMHのスタートアップソーシングに従事しています。彼女は、LVMH グループおよびブランドが、事業の適切な始動時期を特定したり、評価できるように支援します。彼女は、Viva Technology 2016&2017中、LVMHの始動時期を選択することに直接関わってきました。彼女はフランスのビジネススクールの最高学府の一つである、エセック・ビジネススクールで経営学修士号を取得しています。彼女はもともとは中国出身です。彼女には2つの文化的背景があり、ヨーロッパとアジアの双方のデジタルエコシステムをよく理解しています。
Jim Theberge
部長待遇、Verizonにおける製品管理・販売戦略、高度広告部門長
icon
一貫してイノベーションやマーケット戦略実施で名を馳せた起業家でエミー賞を受賞した高度広告TV担当役員です。度重なる業界表彰や一等賞に輝く成功した起業ベテラン(起業6社→IPO買収三回)です。サムスンやソニー、パナソニックそして東芝を相手にグロ―バル接続TV広告ネットワークを初めて開設させました。
Henry Ines
DraperDragon基金パートナー、Global Chamber® San Francisco取締役
icon
Henry Inesはグロ-バル役員兼信用のおける顧問であって、投資やビジネス開発、法人融資、管理コンサルタントおよび国境を越えた経験知識に関して20年を越える実績があります。ヘンリーは目下のところ、国境を越えた取引、投資およびグローバルな拡張新規構想に伴うリーダーや幹部の支援に関するメンバー組織であるGlobal Chamber® San Franciscoの取締役を勤めています。また、ヘンリーは、シリコンバレーに拠点をおく米国中国ベンチャ-キャピタル会社のDraperDragon基金におけるベンチャ-パートナーでもあって、複数のSF湾岸区域を拠点とするテクノロジ―起業に対する顧問を勤めると同時に、グーグルのLaunchpad AcceleratorやStartupIndiaにおけるアドバイザーでもあります。DraperDragon以前には、ヘンリーは米国中国や東南アジア早期段階投資機会や率先した助言に焦点を当てたDFJ Dragon基金やDragonVentureのパートナーでした。
Mark Friedler
iCars社長
icon
彼にはB2Bクラウドサービスで、セールスおよびマーケティングやゲームおよびエンターテインメントにいた経歴があります。彼は初めてクラウドゲームダウンロードサービスをしたGigexのCEOでしたが、そのあと、世界最大のビデオゲームウェブサイト兼広告ネットワークのGameDaily.comの設立者/CEOとなり、AOL Time Warnerの買収に転出しました。彼は4社設立し、OracleTimeWarner/AOL&Philipsで役員をしていました。最近、彼はB2Brideshare company ICars暫定社長で、また、Oracle Marketing Cloud&ata Cloudで上級取締役でした。彼はMTVへのTV&onlineサービスプロバイダーTeleworldの専務取締役でした。Markの初めての事業はチョコレートチップクッキー店のスウェーデンへの導入でした。彼はTechStarsの初期段階設立者と一緒の仕事もしました。
Jeff Smith
Tech Futures Groupの在宅起業家
icon
ジェフスミスは国内外の多くの業界市場において高度テクノロジー販売活動やマーケティング、ビジネス開発、法人開発およびベンチャーキャピタル経験を蓄積して30年以上になります。ジェフはごく最近まで、成功裏に買収された一流のクラウドベース小売ソフトウェア会社のRBM Technologiesにおりました。RBM以前は、ジェフはビジネス開発コンサルティングサービスを提供して早期段階企業にとっての収益牽引力を加速させたXcelR8 Partnersの創業兼経営パートナーでした。ジェフはBusiness Development, Corporate DevelopmentのVPやCommerce One VenturesのGMとして、Commerce Oneをはじめとする他のソフトウェア企業の役員や地位を保ってきました。以前は、彼はBlueCurve (Red Hatが買収)やSybase、Technology Concepts (Bell Atlanticが買収)ならびにUnisysにおいて、販売活動やビジネス開発、マーケティングそれに製品系統管理においてリーダーシップの役目を果たしていました。
Leo Batalov
DLA PiperにおけるパートナーでEmerging Growth Companies & Venture Capital Russia & CIS部門長
icon
Leo Batalovは法人の融資取引や合併および買収、ベンチャ-キャピタル取引、民間株式取引ならびに一般法人事案につき助言を与えます。彼は、多様な負債融資取引の貸出人および借受人としては勿論のこと、資産担保証券の公的および民間提供における発行人や裏書人、受託人および業務提供人を代弁する豊富な経験をもっています。
DLA Piper
法律アドバイザー
DLAは米国をはじめ、欧州、中東、アフリカおよびアジア太平洋にい至るまで40ヵ国を越える国々の弁護士をかかえるグローバルな法律事務所であり、その位置づけは世界中の法律ニーズを伴う顧客を手助けすることにあります。

弊社の最新活動と研究開発

右にスクロールします。 →

最新マスコミ情報

ニュースを全部見ます。

弊社住所
3501 Thomas Rd, Unit 3,
Santa Clara, California, 95054
+1 415 8002844
Plug and Play Tech Center内Cappasity社r
440 N. Wolfe Rd. – Sunnyvale, CA 94085
plugandplaytechcenter.com
Lafayette Plug and Play店内Cappasity社
32 rue de Paradis, 75010 Paris
lafayetteplugandplay.com
業務契約書
Marianna Alshina
[email protected]
サポート契約書 [email protected]

ARTokenセールに参加するための招待状

Whitelist

弊社にとり大切なことは誰が当エコシステムの一部になるとともに、その参加者がその開発にどの程度まで興味を持っているのかを把握することです。そこで、弊社は当プロジェクトに最も興味のある寄付者についてWhitelistを作成することを決めました。

ARToken販売にご興味がある場合には、下記のフィールドのできるだけ多くの項目に記入して弊社 Whitelistへのアクセスを取得してください。

弊社のビジョンについて詳しくお知りになりたい場合は、弊社の白書をご覧ください。


Cappasity has limited registration to the token crowdsale Phase 1. Why?

In order to register an account, please use the referral link provided by existing community member.

If you have any questions, you can post them on our Telegram channel